イチローは特別だった

始めてイチローに出会ったのはおそらく兄とやってたパワプロ95の中だったでしょうか。
当時幼かったこともありプロのことなんてほぼ知らなかった私に、カタカナ登録名で能力も高いイチローはインパクトを残しました。

確か能力はABAAAで打席立つとイチローコールが起きるんで、なんか特別な選手なんだな~って感じでしたね。
ほかにも強い選手はいましたが必ずチームには入れていました。
特殊能力ってこの時見れたっけ?


その後、ニュースで200安打達成とかメジャー挑戦とかで取り上げられるたびなぜか嬉しくなったりもしていました。

高校くらいでしょうか、通学の電車の中でふとイチローのことを調べてみようと思ったことがあり調べているととんでもない記録をたくさん持っていることに改めて驚愕しました。ある程度は知っていましたけどここまでか、と
ここでは割愛しますけどね。


ただ成績を残しているだけ(というのもおかしいですが)でもなく、彼は孤高な面が強調されることが多いですが人間臭い面もあり、そこがまたいいんですよね
面倒見のいい気のいい兄ちゃんでもあり、世界で戦うストイックなトッププレイヤーでもある。

またWBCでは日の丸のプレッシャーと戦い、チームの精神的支柱、チームリーダーとなり、2009WBCでは【あの】タイムリーを放ち優勝を決めました。



こんな日本人野球選手ってこれから出てくるんでしょうか?


と思っていましたが昨日の引退会見でイチローはこう言いました。


大谷は世界一の選手にならなきゃいけない、夢を見させてくれる選手だと。


私の世代がイチロー松井に、その上の世代(ちょっと上すぎるかも?)が王長嶋に熱中したように、次世代の波はここから始まっていくのかもしれません。


とてつもない記録を作り、世界で戦い、ファンを湧かせ続ける想像を超えた選手がまた出てきてくれたら・・・と思います。


イチローは私にとってそういう存在でした。お疲れ様。

今後が全く想像できないのもまた彼らしくていいと思います。

0 Comments

Post a comment